オムツかぶれの治し方は?薬で治らない場合はどうしたらいい?

 

 

他の皮膚トラブルとも見分けがつきにくいオムツかぶれ。

 

症状に合わない処方をしてしまうことでトラブルを長引かせてしまったり、
最悪の場合には悪化させてしまったりすることもあります。

 

 

オムツかぶれがひどい場合には、
痒みや痛みで赤ちゃんも辛い思いをすることになります。

 

 

そうなる前にオムツかぶれを予防し、
万が一なってしまったときには正しい処置をして早急に治しましょう。

 

 

そのためにまずは、オムツかぶれがどんな症状なのか?

 

どんな風に処方するのか?

 

また、オムツかぶれにならないようにするには?

 

それについてよく理解し知っておくことが大切です♪

 

 

 

 

オムツかぶれの原因って?

 

 

まずはオムツかぶれの症状についてですが、
症状の程度や個人差はありますがオムツが

 

直接肌に当たる部分が赤くなっていたり、
あせものようにぽつぽつとした白い小さな斑点が出ていたりすることがあります。

 

 

ひどい場合には赤くただれていたり、
皮が剥けてしまっていたりすることもあります。

 

 

このようになってしまうと、
赤ちゃん自身も痛みでぐずったり、おしっこをする度に泣いたりします。

 

 

ひどくなる前にきっちり治すようにしましょう。

 

 

オムツかぶれの大きな要因は、
おしっこやうんちなどの排泄物がお尻に付着したままになることによって、

 

排泄物に含まれる酵素や腸内細菌が
お肌に強い刺激を与えることによって起こります。

 

 

お肌の弱い赤ちゃん、
特に新生児は外部からの刺激に弱いため、

 

おしっこやうんちなどの排泄物からのダメージを受けやすく、
オムツかぶれにもなりやすいです。

 

 

また、おしっこなどをしたまま放置しているとオムツ内が蒸れてしまうので、
その湿気によってお肌が柔らかくなってしまい摩擦などで、
オムツかぶれを引き起こしてしまうこともあります。

 

 

まずはこれらの要因を理解していただき、
オムツかぶれになった場合の治し方を見ていきましょう。

 

 

>>母子手帳にも記載のおむつかぶれに最適な保湿剤なら♪

 

 

オムツかぶれの治し方

 

 

 

オムツかぶれの基本的な治し方は、

 

1)お尻を清潔に保ち

 

2)よく乾かしておき、

 

3)クリームでお肌を保護すること。

 

 

これらを日々徹底することで症状は改善していきます。

 

お尻を清潔に保つには、
おむつ替えはこまめに行うようにして下さい。

 

 

排泄物が原因となってオムツかぶれになってしまうので
こまめにチェックして取り替えてあげましょう。

 

 

そして、おしっこやうんちをしていたとき、
それらが残らないように汚れを綺麗に取り除いてください。

 

 

一番はシャワーや霧吹きなどで汚れを浮かして洗い流し、
ガーゼなどの柔らかい布でお尻の水分を吸わせるようにします。

 

 

 

それが難しい場合はおしりふきを使って汚れを落とすのですが、
この際強くこすらないことが重要です。

 

 

汚れを落とそうとこすってしまうと、
その摩擦で肌を傷つけることになってしまい、オムツかぶれの原因になります。

 

 

おしりふきを使用する際は、
桃を扱うように優しく、丁寧にさするようにしてください。

 

 

 

汚れを落とした後は、しっかりと乾かしておきましょう。

 

 

窓際などの日の当たるところで
赤ちゃんのお尻を出して乾かしておくと効果的です。

 

 

 

日光浴はオムツかぶれにも効果があると言われているので、
お部屋に太陽が差し込んでくるときは試してみてください。

 

 

 

また、自然乾燥がベストではありますが
どうしても時間がない場合等はドライヤーの温風を弱風で当てて
乾かしてからオムツを履かせるようにしましょう。

 

 

 

そのあとに、お肌を保護する目的で薬を塗布します。

 

 

お肌を油分で保護するワセリン、
非ステロイドではありますが皮膚の炎症を抑えて保護し、

 

乾燥させてくれる効果が期待できる亜鉛華軟膏、
ひどいオムツかぶれを短期間に治すのに
適したステロイド薬のロコイド等、症状に合った薬を塗るようにしましょう。

 

 

 

お肌を保護する目的で使用する薬にはほかに、
オーガニック成分で配合されたアロベビーは人気があります。

 

 

また、女性の手荒れなどにもよく使われる
ヒルドイドもオムツかぶれに効果があります。

 

 

適量を患部にガーゼなどにのばして貼り付けますが、
必ず医師の指示に従って使用するようにしましょう。

 

 

また、軽いオムツかぶれの初期症状の場合に使用できる
非ステロイドの薬では市販薬のポリベビーは有名です。

 

 

かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミン、
患部の治りを助けるビタミンA、D2、酸化亜鉛、
細菌の感染を防ぐ殺菌剤のトリクロロカルバニリドを配合しています。

 

 

ただれたお肌や乾燥してしまっているオムツかぶれにも使用でき、
患部を治す効果とお肌を守るバリア機能の両方が期待できます。

 

 

さらにオムツかぶれの症状がひどい場合は病院に行き、
診察を受けるようにしましょう。

 

その際に処方される薬がステロイドのお薬であることもあります。

 

 

よくあるのがステロイド薬の中では
一番弱いグループに分類されるエキザルベ軟膏やロコイド軟膏です。

 

 

炎症による腫れを抑え、荒れた皮膚を治していきます。

 

 

赤ちゃんにも使って頂ける比較的マイルドな
ステロイド薬なので医師の指示に従って安心して使用できます。

 

 

 

ここで症状を見分けることができずひどいオムツかぶれの場合に
ワセリンをずっと塗り込んでいてもなかなか改善しませんし、

 

オムツかぶれと思っていたけど
実はガンジダなどの別の肌トラブルだった・・・なんてこともあります。

 

 

そうなると、逆に症状を悪化させることにもなりかねないので
注意して判断するようにしてください。

 

 

>>母子手帳にも記載のおむつかぶれに最適な保湿剤なら♪

 

 

 

 

どのくらい自宅で様子をみても大丈夫か?

 

 

上記の方法で赤ちゃんのオムツかぶれが改善されればベストなのですが、
なかなか治らない場合、心配ですよね。

 

 

どのくらい自宅で様子を見て
病院に連れていけばいいのかの大体の目安は

 

「1週間様子を見て治ってきているか」です。

 

 

オムツかぶれの処方を1週間続けてみても
なかなか改善されない場合はオムツかぶれ以外の肌トラブルの可能性が高いです。

 

 

もちろん、病院を受診して指示通りの薬を治療していて
1週間経っても治らない場合も再度病院を受診してください。

 

 

さらに、皮が剥けてしまっている、赤い斑点や水泡ができている、
赤ちゃんが痒みや痛みを感じてぐずっているなどの
症状が出ている場合には病院の診察を受けるようにしましょう。

 

 

症状に合わせた適切なお薬を処方してもらい、
完治するまで出された薬を使用するようにしてください。

 

 

また、病院は皮膚科と小児科どちらへ連れていくか迷ってしまう
お母さんもいるようですが、どちらに連れて行っても問題はありませんのでご安心ください。

 

 

 

 

オムツかぶれを事前に防ぐには

 

 

オムツかぶれを未然に防ぐために
一番のカギになるのは「清潔に保つ」ということです。

 

 

新生児期は特におしっこやうんちを排出する回数が多いため、
こまめに赤ちゃんの様子を確認して汚れていたらすぐに取り換えるようにしましょう。

 

 

一般的に、赤ちゃんのおむつ替えは1日に8回以上だと言われていますが、
下痢気味の場合は1日に20枚以上を使用することもあります。

 

 

おむつ替えの平均回数にこだわらず、
赤ちゃんのおむつが汚れていたらすぐに取り換えるようにしてください。

 

 

肌が弱い赤ちゃんだからこそ、汚れていないか、
湿っていないかをこまめに確認し、オムツかぶれを未然に防げるようにしましょう。

 

 

ただし、清潔に保ち、しっかり乾燥させてからオムツを
履かせている場合でもオムツかぶれになってしまうことはあります。

 

 

赤ちゃんの肌質には個人差があるので、
そこでお母さんが落ち込まないようにしてくださいね。

 

 

赤ちゃんのオムツかぶれが早く治るといいですね。

 

 

 

 

 

>>母子手帳にも記載のおむつかぶれに最適な保湿剤なら♪