お尻は清潔に。でも、おしりふきを使いすぎると逆効果!?

 

 

排泄物の汚れなどが原因で起こるオムツかぶれ。

 

 

でも、赤ちゃんのお尻をきれいにしようとして
おしりふきで強くこすったり何度もこすったりすると、
それが原因でオムツかぶれが起きてしまうこともあります。

 

 

おしりふきで拭くときは優しく抑えるように拭いてあげるようにしてください。

 

 

汚れを落とそうと、ついつい必要以上に
こすったりしてしまうことが多いのでお気を付けくださいね。

 

 

万が一、オムツかぶれで赤くなってしまっている場合は、
おしりふきを使うのをやめて、
コットンをお湯に浸しておしりふき替わりに使って優しくふき取るようにします。

 

 

ここで水ではなくお湯を使うのは、
ほんのり温かい方がしみたりしないので安心だからです。

 

 

そのあと、ガーゼなどで水分をふき取り、
ワセリンなどのお肌を保護するための薬を塗って
しっかり乾燥した状態でオムツを履かせるようにしましょう。

 

 

 

赤ちゃんのお尻は桃のように、優しく丁寧に扱ってあげてくださいね。

 

 

 

 

 

おしりふきで荒れてしまったときに使えるアイテムはコレ!

 

 

オムツかぶれになってしまい、おしりふきでふき取る回数を
減らしたいときはシャワーで汚れを洗い流すのが一番。

 

 

強くこすることはないですし、
水で汚れをふやかしてから落とすことができるので
赤ちゃんのお尻には優しい方法です。

 

 

ただ、少し面倒くさく赤ちゃんのおむつ替えばかりに
時間を使っていられないですし、外出時にはシャワーで汚れを落とすことはできないですよね。

 

 

そこで使えるアイテムが「霧吹き」です。

 

 

ぬるま湯を霧吹きボトルに入れ、汚れが落ちやすい状態にしてから
さっとふき取ってあげるとお肌を無理にこすらずに汚れを落とせます。

 

 

シャワーで洗うのと同じ感覚で汚れを浮かして落とせるので、
わざわざシャワーを使わなくても
霧吹きボトルにぬるま湯を入れておくだけで簡単に使えます。

 

 

 

特に女の子はおしりふきだけでは汚れも取れにくいですし、
水で汚れを浮かしたり洗い流したりするのは是非試してみてくださいね。

 

 

 

おしりふきを使う際は選び方が重要

 

まったくおしりふきを使わないということはないと思うのですが、
その時赤ちゃんに合ったものを選んで使用することはとても重要です。

 

オムツかぶれなどの皮膚トラブルになりにくいおしりふきの特徴は、

 

 

@できるだけ厚めのシートであること、

 

A水分を多く含んでいるもの、

 

Bヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているものです。

 

 

 

それぞれのメーカーが出しているおしりふきによって特徴は異なってくるので、
今の赤ちゃんにとって安心して使えるものをしっかり見分けるようにして下さいね。

 

 

 

>>母子手帳にも掲載!肌かぶれに最適な保湿剤♪