女の子は特になりやすい!新生児のオムツかぶれの注意点!

 

 

オムツかぶれの主な要因は、おしっこやうんちなどの排泄物が
お尻についたままになり排泄物に含まれる成分が
赤ちゃんの肌にダメージを与えてしまうこと。

 

 

特にオムツかぶれになりやすいのが新生児の時です。

 

 

新生児は特に、1日に何度もうんちをするので
排泄物がお尻についたままになりやすいです。

 

 

また、新生児の頃は立つことはもちろんハイハイなどもできず
寝ている体勢でいることが多いので排泄物がお尻につきやすいです。

 

 

肌の弱い新生児にとって排泄物がついたままの状態は
刺激が強すぎるのでオムツかぶれになってしまいやすいのです。

 

 

では、うんちをする度にこまめに拭いてあげたら大丈夫?

 

 

もちろん、こまめに汚れを落としてあげることは大切ですが、
お尻を拭く摩擦によってもお肌にダメージを与えてしまいます。

 

 

少々手間がかかりますが、新生児期はこまめにオムツを替え、
お家にいるときはおしりふきを使用するのではなくシャワーで洗い流したり、
コットンなどの柔らかい布でぬるま湯を使用して拭いたりしてあげると良いです。

 

 

丁寧に優しく!!がコツです。

 

 

さらに、お尻を清潔にふき取った後はしっかり乾かしましょう。

 

乾いたコットンやガーゼで抑えて水分を取り除き、
それでも気になる場合は冷風のヘアドライヤーで優しく乾かしてあげるのも良いです。

 

 

濡れたままオムツを履いて蒸れてしまうことがないように気を付けてくださいね。

 

 

 

オムツかぶれは特に女の子、注意してあげて!

 

男の子でもオムツかぶれになることはもちろんありますが、
特に注意して見てあげたいのが女の子。

 

女の子の場合だと、後ろにもおしっこなどが
漏れたりするので汚れが付着したままになりやすいです。

 

 

また、女児は陰部にお肉が付いていて汚れが入り込みやすいですし、
おしりふきだけでは汚れが完全に取れていないことも多いようです。

 

 

ふき取ったつもりでもそのまま汚れが残っていると、
蒸れたり、汚れが塊になってお肌を傷つけたりしてしまいます。

 

 

これが原因でオムツかぶれや他の皮膚炎を引き起こしてしまうケースも多々あるので
女の子の場合は特にしっかり汚れを落としてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

新生児にも優しいワセリン

 

 

ワセリンにも種類があることはご存知でしょうか?

 

汚れをふき取り、丁寧に乾かした後は
新生児や赤ちゃんにも使いやすいワセリンを使ってお肌を保護してあげましょう。

 

 

その一つがベビーワセリンで
赤ちゃん用に作られた無添加・低刺激なので安心して使えます。

 

 

新生児にも使いやすいワセリンのもう一つが白色ワセリン。

 

 

乾燥からくる肌トラブルにおすすめで、唇にも使えるのでより優しいワセリンです。

 

 

 

こまめに汚れを落とし、しっかりと乾かしてお肌を保護する。

 

 

女児や新生児のお子さんをお持ちの方は特に、
この3ステップをきっちり抑えてオムツかぶれを防いでくださいね!

 

 

>>母子手帳に掲載!話題の赤ちゃん保湿剤なら♪